本文へスキップ

年 史 history

歴代会長

初代会長 鹿倉 吉次翁
在任期間:第1期〜第4期
(昭和38年〜45年)
第2代会長 笹川 良一翁
在任期間:第5期〜第14期
(昭和46年〜平成2年)
現会長 笹川 堯
在任期間:第15期〜
(平成3年〜)


マリンスポーツ財団活動


年 表  国際レース 国内レース 熱海オーシャンカップパワーボートレース 

 当財団は、1963(昭和38)年、財団法人日本モーターボート協会として創立しました。
 当初は、モーターボートの技術研究とその宣伝活動からはじまり、小型船舶免許機関や大型パワーボートの競技会等の普及に変化していきました。
 1991(平成3)年からは、財団法人マリンスポーツ財団として、各種競技会の協力・支援とマリンレジャーの普及・振興を主体とした事業拡大に努めてきました。

 2012(平成24)年、公益財団法人マリンスポーツ財団として新たなスタートを切るとともに2013(平成25)3月には創立50周年を迎えました。

【第1期】 技術研究と宣伝(19631974)
・モーターボートの性能向上:技術研究所/国産船外機/スピート記録会
・モーターボートの普及宣伝:太平洋マラソン/熱海オーシャンカップ

【第2期】 免許と競技(19751990)
・モーターボートの安全対策:免許試験機関/湘南研修所
・モーターボートの普及宣伝=地方大型艇レース
・モーターボートの性能向上=世界選手権大会参加/開催

・マリンスポーツ競技の普及=水上スキー

【第3期】 親水と安全(19912012)
・普及振興事業:各種マリンスポーツ競技団体の運営支援
・親水事業:マリスクラブ支援/マリンスポーツ体験・乗船会開催/

      ボランティア指導者育成

・安全対策事業:水上安全指導員育成/K38ジャパン運営/マリスジェットスクール
・施設管理事業:二色の浜公園/マリンスポーツパーク・浜寺/

        柏崎マリンスポーツ交流センター

【第4期】マリンスポーツと環境(2013年〜 )


このページの先頭へ


公益財団法人マリンスポーツ財団

〒108-0073
東京都港区三田3-14-10

TEL 03-3454-1150